専業主婦 カードローン 審査

専業主婦でもカードローンの審査は通るという現実

カードローンを含め、ローンは返済能力があるとみなされる人にしか組むことを許されないのが大原則です。つまり、専業主婦は収入源がないため、普通に考えればカードローンの審査は通ることはないと想像できます。しかしながら、昨今ローンの返済方法が多様化したり、ローンに対する情報があふれ、ローンを利用することへの抵抗が以前より大幅に減っています。それゆえ、専業主婦もカードローンを利用しようとする人が増えてきている実態があります。当然専業主婦は収入がないため、審査に通るはずはないかと思われがちですが、配偶者の収入の情報を提供することにより、ローンの利用が可能になることも少なくありません。主婦ほど買い物の頻度が多い人種もそうはいないため、ローン会社もターゲットにするのに主婦ほど恰好な存在はありません。一方で自身の配偶者がローンを利用しているという認識のない夫も多いので、ローンを利用するのであれば家計を担う主婦として自覚と責任をもち、配偶者にしかるべき報告をする必要があります。

専業主婦のカードローンは銀行に申し込みます

無担保無保証人の信用融資である、カードローンは利用者本人の安定した収入があることだけが信用の根拠ですから、基本的に収入のない人は利用できません。しかし専業主婦の場合には配偶者の人に安定した収入があることを前提に、カードローンが利用できます。ただしこの場合も消費者金融などの貸金業法に基づいて営業している業者の場合には年収の1/3までしか融資出来ないという総量規制があるために利用する事が出来ません。いわゆる消費者金融だけでなくクレジットカードのキャッシングなども同じように利用できません。利用できるのは銀行カードローンに限定されます。銀行では収入がなくても独自に審査する事を前提に融資していい事になっているので自分には収入のない専業主婦でも利用する事が法律的に可能なのです。もちろんどこでも利用できるわけではなく、夫々ですが、特に専業主婦への融資に積極的なところがあり、場合によっては専業主婦専用としている場合もあります。そういうところを選んで申しこむのが良いでしょう。

専業主婦はカードローンをどのように比較するのか

専業主婦 カードローンは以前ほど縁遠いものではなくなってきています。テレビでもCMが明るいムードで情報が提供されますし、インターネットのバナーでもその広告を見ないほうが少ないような頻度で表示されます。カードローンは配偶者の収入も返済方法として想定してくれるため、返済専業主婦でも利用可能です。それゆえ専業主婦であっても、カードローンを利用するという人も増えてきています。主婦がそういったローンの比較をする条件としては、金利の高低はもちろん、インターネットを介して気軽に利用ができるか否かというのが大きいようです。ローンの利用というのは、人目をはばかるものですので、主婦は人目にふれず利用が可能なものを好む傾向にあります。場合によっては、配偶者にすら知られることを嫌いますので、インターネットという閉ざされた空間で利用できるというのは非常に大きなメリットになります。より身近になっているローンの利用、良識の範囲での利用であることをのぞみます。

収入のない専業主婦でも利用できるカードローン

カードローンを扱っている銀行や消費者金融会社などは、日本にも数多くあります。それらのものの多くはローンの契約ができる人間が決まっています。多くの会社に共通することとして利用希望者に継続的な収入があることが必要とされています。ですから収入が全く無い専業主婦などがカードローンを利用することは難しくなっています。ですが全ての金融機関で専業主婦がローンを利用できないのかというと必ずしもそうとは限りません。金融機関の中には専業主婦であってもカードローンが利用できる会社もあります。そうした会社の中には夫に安定した収入がある場合には、利用できるという条件があるものもあります。ですから夫が働いていれば専業主婦でもローンが利用できる可能性もあることになります。こうした種類の商品では回収のリスクなどを考慮して、融資可能限度額の上限が通常のものよりも低めに設定されているものも多いです。それらのものでは数十万円程度まで借りることができることが一般的です。